海の日におすすめジュエリーJewelry for Sea Day

海の日におすすめジュエリーJewelry for Sea Day

海の日を間近に控え、本格的に夏の装いとなってきました。

カラッとした日差しとセミの声が響く季節の訪れです。

今回ご紹介するのは「菱形指飾り」

伝統技法の透かし技術で菱形柄を全体に施しました。

フラットなボディシルエット全体にエッジの効いた透かしを施すことで

涼しげでありながら、印象強いデザインになっており

整えられた直線が織り交ざった美しい指飾りです。

素材はシルバー925にプラチナコーティングとK18コーティングを施し2色展開をしております。

今回は植物の菱の実のかたちから名付けられたといわれている「菱」の歴史を

少し紐解いてみましょう。

ひし形は直線が交差するシンプルな図形です。

ヒシの実またはヒシの葉を図案化したものともいわれております。

古くは土器などにもみられる文様で、平安時代には公家の装束に有職文様として多く用いられて

幾何学模様の代表的なものとなりました。

縁起ものとしてヒシは繁殖力が高く、実の栄養価が高いことから「無病息災」の意味が込められた文様です。

また、菱形というとひな祭りの菱餅を思い出しますね

菱餅のいわれを調べて見るとひし形は心臓を表していて、厄除けの意味を込めて、

子どもの健康を願う親心が示されているとされていました。

戦国武将の武田信玄の家紋はひし形が使われおり、

そのひし形は、田んぼを示していると言います。

昔、米はお金と同じで、田んぼは命と同じくらい大切でした。

ひし形は日本人にとって、特別な形なのですね。

シンプルな菱文様は男女を問わず着用ができる柄ですので、

さまざまなコーディネートに合わせやすい柄でもあります。

カジュアルな服装の中にさりげなく指先を粋に飾るのもおすすめです。

ZENOARKSではそんな歴史の一部を紐解き、和のアクセサリー・ジュエリーに

デザインを落とし込んだブランド「KANAME」を展開しております。

全て日本の職人が一つ一つ心を込めて制作しています。

細部までこだわったデザインと確かな技術で生み出す高品質な一生を共にするにふさわしい、

こだわり抜いた製品をお作りいただけます。

我々が制作している「KANAME」は歴史や伝統を現代に広める和のジュエリーブランドとして展開しています。

こちらもぜひ、覗いてみてください。